お米と言えば炊き込みご飯、中でもシンプルなちりめんじゃこととうもろこしの炊き込みご飯のレシピを紹介します。

お米料理の定番、炊き込みご飯のレシピ

夏場の胃は、重いものを受け付けなくなりがちです。できればうどんやそうめんのほうがいい…なんていうことに。それではお米の出番がなくなってしまいますね。そういう時にシンプルで満足できる、ちりめんじゃこととうもろこしの炊き込みご飯のレシピを記したいと思います。これはずいぶん昔にテレビでやっていたのですが、もしかしたら自分の好みで勝手にアレンジされているかもしれません。材料は米二合に対してちりめんじゃこ50gととうもろこしが1本です。だし汁として水300g、酒60cc、塩小さじ2、だし5g。どの家にあるものでできます。

まずお米をといで30分間水に浸し、ざるに上げて水を切ります。ボウルで水と酒、塩、だしを混ぜ合わせてだし汁を作ります。とうもろこしは生のまま粒を落とします。包丁を使うと取れます。炊飯ジャーに米、ちりめんじゃお、とうもろこし、だし汁を入れて炊けば終わりです。炊き上がりに万能ねぎやしょうがを散らすとまた美味しいですよ。とうもろこしは茹でてあるものではなく、生のものを使うのがポイントです。そのほうがとうもろこしの風味が米にうつって、味が深くなるのです。この味付けだと塩味なので、さっぱりと食べやすいご飯に炊き上がります。見た目がとうもろこしとちりめんじゃこで白と黄色なので、お客様に出すときは、トッピングは万能ねぎのほうが緑が映えておいしそうに見えると思います。しょうがも美味しいのですが、黄色なので鮮やかさに欠けてしまうのです。また、だしを変えることで違う味わいを楽しめますから、市販のだし汁パックを色々試してみても面白いと思います。
Copyright (C)2017たくさんある!お米を使ったおいしいレシピ.All rights reserved.