秋になると新米が出回りますから、それを利用してお腹いっぱい美味しいレシピを堪能しましょう。

秋には新しいお米でたくさんのレシピに挑戦しよう

夏が終わって秋が近づく頃になると、田んぼの色がだんだんと金色になってきて思わず見とれたという人も多いのではないでしょうか。そしてまた、今年も美味しいお米を食べる事が出来るのだなと、そんな様子を見守ったことでしょう。お米は私たちの食生活にはなくてはならないものです。真っ白いご飯に梅干や味噌汁、焼き魚は定番ですし、肉や魚などでのおかずにも合います。そして、赤ちゃんから年配の方まで、誰でも食べやすいと言うのもいいところです。昔から食べられてきたと言うこともあり、その分だけ多くのレシピもあります。誰もが馴染み深いところでは、おにぎりだって立派なレシピなのです。塩と水、そして自分の手を使って握る、とてもシンプルですが意外と美味しく作ろうと思うと難しかったりもするのは不思議なものです。

おにぎりはそのまま握ってもいいですし、中に具を入れるのも楽しいものです。梅干や昆布などが多いですが、鰹節や明太子、今の時代は本当にいろいろありますからツナやおかず系などいろいろあります。コンビニなどでは炊き込みご飯を握ったものや、オムライスなどをおにぎり状に成型したものもあります。そして、のりを巻いたり卵でくるんだり、時には高菜や昆布などでくるんだりといろんな味が楽しめるのも、味がシンプルな分だけ何を合わせても間違いがないお米だからこそ出来ることです。一年を通して食べることが出来るお米ですが、新米の季節にこそこうしていろんなおにぎりを作って楽しんでみてください。
Copyright (C)2017たくさんある!お米を使ったおいしいレシピ.All rights reserved.