冷凍庫にたまった冷凍ご飯の活用法は息子がレシピを見つけたみたらし団子です。お米だとわかりません。

お米を使ったレシピみたらし団子

小学校5年の息子は洋菓子よりも和菓子が好きです。コンビニでもあんこやみたらし団子を買うほどで、遠足に羊羹を持っていったこともあります。友達と交換するおやつは別に用意しておいて羊羹は自分の為の至福のおやつだそうです。そんな息子が家でも団子がつくりたいと言い出したことがあります。上新粉もなかったので明日にしてというと、自室に戻ってしまいました。しばらくして出てくるとタブレットの画面をみせてお米で団子つくれるってと私に言いました。その根気に負けてご飯を使っての団子作りを家族でしました。そのレシピによるとご飯は茶碗1敗程度、片栗粉4分の1カップだけです。すりこぎでつぶしたご飯と片栗粉を練って餅のようにしていきます。それを白玉団子の要領で茹でて浮かんできたら団子は完成です。

串にさしてトースターで焼いたら、砂糖大さじ4、しょうゆ大さじ2、水大さじ8を鍋で煮て水溶き片栗粉でとろみをつけたタレをかけます。末娘も粘土のようにかなり楽しんで作っていましたし、味も結構美味しかったです。普段市販のみたらし団子や和菓子屋さんの味に慣れているので手作り感がかなり強かったですが、気に入りました。あまったご飯で作っても良いですし、冷凍庫にご飯が溜まった時にも使えて良さそうです。冷凍ご飯は使いそうでなかなか使わないので活用法が見つかってよかったです。冷凍したご飯を使ったチャーハンがあまり好きではないようなので、今後も彼は団子を家族に作ってくれることと思います。
Copyright (C)2017たくさんある!お米を使ったおいしいレシピ.All rights reserved.