米を使ったレシピが増えると簡単で安くて栄養のある食事が作れるようになる。野菜や豆、雑穀を混ぜる等色々楽しめる

お米が主役のレシピで栄養、節約!

毎日の食事の準備で大変なのは、意外と調理そのものよりもメニューの組み立てだったりします。美味しく、栄養があって、安くて家族が喜んで…。考え出すとなかなか難しい物です。汁物とご飯物の2種類でそれら全てを解決できたら楽だと思いませんか?具だくさんの味噌汁やスープに、お米を使ったレシピを合わせてみてはどうでしょう。白いお米ももちろん美味しいのですが、簡単な混ぜご飯や炊き込みご飯、チャーハンにピラフにと、和洋中どんな物にも対応できるのがお米の魅力の一つです。

例えば、昨日のおかずの残りのキンピラゴボウや切干大根の煮付けがあるとします。これは荒く刻んで温かいご飯と混ぜてみましょう。味見をして薄味であれば、塩少々で加減してください。ごまを加えるとさらに栄養価が上がります。お稲荷さんを食べたいけれど手間だなという時には、刻んで甘辛く煮付けた油揚げを酢飯に混ぜ込みます。お弁当であれば、酢飯を敷いた上に綺麗に並べてあげてはどうでしょう。可愛く型抜きするとお子様も喜びます。

もち米や雑穀を混ぜると変わった食感を楽しむ事ができます。もち米はもっちり、雑穀はぷちぷちとしてどちらも冷めても美味しいです。簡単に、大豆の水煮をもち米を混ぜた米と一緒に炊き、白ゴマと塩を振りかけて豆ご飯に。ひと手間かけて炒った黒豆を同じように炊いて、香ばしい黒豆ご飯に。雑穀は混ぜて炊くだけの便利な物が売られています。白米よりも噛みごたえがあるので咀嚼回数が増えるので、満腹感を感じるのが早くなります。野菜の切れ端を集めておいてみじん切りにしてチャーハンやピラフに使うと、栄養たっぷりの節約料理に変身です。ご飯が主役になる食卓、いかがでしょうか?
Copyright (C)2017たくさんある!お米を使ったおいしいレシピ.All rights reserved.